貧血 改善 症状 原因 対処方法

貧血の種類と原因、改善方法について

 貧血は女性にとってはとても身近な病気ではないでしょうか。
 女性の約1割は貧血症と言われていますが、あなたはついつい軽く考えて放置してはいませんか?
 実は放っておくと重い病気を引き起こすこともあるのが、貧血の怖いところなんです。

 

スポンサーリンク

 

 このサイトでは、貧血に関する様々な症状やその原因、改善方法や予防方法などについてわかりやすくご紹介していきます。

 

貧血って?

 貧血とは、赤血球や赤血球中のヘモグロビンが少なくなった状態を言います。
 赤血球には、身体全体の細胞に酸素を供給する役割があり、赤血球が不足すると細胞が酸欠状態になってしまいます。

 

貧血の症状は?

 貧血で全身の細胞が酸欠状態になると、顔色が悪くなって、頭痛やめまい、息切れ、倦怠感など色々な症状が起こるようになります。
 女性は、毎月の生理や出産などで血液を失うことが多いため、10人に1人が貧血といわれています。

 

貧血の種類とその原因は?

 貧血は症状や原因などにより、以下の様ないくつかの種類に分けられています。

 

鉄欠乏性貧血

 貧血の約7割がこのタイプと言われています。
 鉄欠乏性貧血は、赤血球の原料となる鉄分が不足して発症するものです。
 偏った食生活や胃腸疾患による出血、生理などが原因とされています。
 主な症状としては、頭痛や倦怠感、めまい、息切れなどがあります。

 

スポンサーリンク

 

失血性貧血

 失血性貧血は、血を失うことで発症する貧血です。
 大怪我や手術などで一度に大量に出血する場合と、胃潰瘍や痔、月経過多などで長い間に徐々に出血する場合があります。 

 

続発性貧血

 続発性貧血は、心臓病や肺・肝臓・腎臓などの疾患やリウマチ、がんなどの病気が原因で発症する貧血です。
 発症原因となった病気を治療することによって貧血も改善されていきます。

 

再生不良性貧血

 再生不良性貧血は、骨髄の造血機能が低下するため、赤血球や白血球、血小板など全ての血液成分が少なくなる難病です。
 息切れや倦怠感などの症状以外に免疫力が低下して感染症になったり、血液が固まりにくく出血が止まらないなどの症状が現れます。

 

溶血性貧血

 溶血性貧血は、赤血球の寿命が、通常の約1割程度と極めて短くなることで起こる貧血です。
 先天性と後天性があり、その原因は様々ですが、最も発症例が多いのが「自己免疫性溶血性貧血」と呼ばれるものです。
 これは、体内で赤血球を破壊する抗体が生成されてしまうこととされています。

 

貧血の改善方法は?

 貧血の原因のうち、最も多いのが鉄分不足になります。
 このため、貧血改善には鉄分が豊富で栄養バランスのよい食事を摂取することが大事になってきます。

 

 また、重度の貧血では、医療機関で処方される鉄剤を服用することもあります。
 ただ、鉄剤の服用には、過剰摂取による副作用なども懸念されるので、専門医に相談するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。